東京工業大学 共用機器管理システム

機器詳細情報 ユニット:物性測定・加工システム

  • 南7号館加工室
  • フライス盤, 旋盤, ボール盤, 帯鋸
設備IDID No.71
メーカーManufacturer詳細参照
検索キーワードKeywordフライス盤, 旋盤, ボール盤, 帯鋸
概要・性能Outlineフライス盤, 旋盤, ボール盤, 帯鋸が設置された加工作業用の部屋です。予約は装置単位ではなく部屋単位で受け付けます。
仕  様Spec1.ボール盤(KDS-360)北川製鉄所製。ドリルを用いて材料に穴をあける機械 2.帯鋸(LE-300)ラクソー製。のこぎりを使用して材料を切断する機会 3.フライス盤(VF2)エンシュウ製。エンドミルなどの刃物を用いて主に平面削りを行う機械 4.旋盤(DLG-SH)大日金属工業製。材料を回転させながら、バイトなどの刃物を当てて外径削り、内径削り、直径方向切断、端面削り、ねじ切りなどの加工を行う機械
設置場所Location南7号館B03号室
機器管理者Machine Administrator技術部 吉川英見
連絡先(内線)Contact(Internal)2465
予約方式Reserve Type通常予約

利用対象者・利用料金 / Openness level & Fees

学内 / Within University学外 / Outside University
(セルフ / Self use)(依頼測定 / Measurement request)学術利用
(本学以外の大学又は公的機関)
産業利用
(公企業・私企業)
利用の可否Accept/Not
利用者による測定:
基本料金Fees
160円/時
講習会受講料Training fee800円/人(4時間程度)