東京工業大学 共用機器管理システム

機器詳細情報 ユニット:物性測定・加工システム

  • ペプチド合成装置
  • Bioanalytical Instrument MultiPep
設備IDID No.30
メーカーManufacturerINTAVIS
検索キーワードKeywordペプチド合成 Fmoc アミノ酸
概要・性能OutlineMultiPepは安定性に優れたFmoc合成法を用いて、セルロース膜上に多種類(最大で2400種)のペプチドを円形スポット状に自動合成する装置である。
仕  様Spec特色:  本装置は、安定性に優れたFmoc合成法を用いて、セルロース膜上に多種類(最大で2400種)のペプチドを円形スポット状に自動合成することが可能。 仕様: スポット合成:最大2400p 実例:   抗体の抗原認識領域の機能解析や改変 10アミノ酸残基:3日/回
設置場所Location大岡山 南1号館309号室
機器管理者Machine Administrator田中祐圭
連絡先(内線)Contact(Internal)g-pep[at]tokyotech-pai.jp (2140)
予約方式Reserve Type仮予約(要承認)

利用対象者・利用料金 / Openness level & Fees

学内 / Within University学外 / Outside University
(セルフ / Self use)(依頼測定 / Measurement request)学術利用
(本学以外の大学又は公的機関)
産業利用
(公企業・私企業)
利用の可否Accept/Not
利用者による測定:
基本料金Fees
20000円/枚
講習会受講料Training fee50000円/人

留意点 / Notes

基本的に依頼分析 略式守秘義務契約締結後、試料内容・測定目的相談、試料を持ち込み立会いにて合成。 (1日目立会い→2~3日目研究室対応→最終日立会い)